FC2ブログ

被災者受け入れ準備

【撮影日 2月27日 撮影場所 五十川~あつみ温泉間 鈴跨線橋付近】
昨日は、遊佐の分所へ行ってきました。今回の東北・関東大震災の被災者を受け入れるためです。

行く時は、鶴岡の本所のバスが所々で職場の人たちを拾って乗せていく、というやり方でした。もちろん、ガソリン不足でマイカーを使わないようにです。

私は近く(と言っても自宅から徒歩10~15分)のコンビニから乗ったのですが、その前にあるGSが営業していて周辺は車の列。裏道までずっと車列が続き、住宅街の1ブロックを車列が囲むほどになっていました。

ちょうどパトカーが来た時で、警察官が1人、GSの外で車を誘導していた若いあんちゃんに何かを要請?していたようですが、あんちゃんが怒っていて「この状況だがらわがんでろや!」と警察官に大声で言い返していました。

その後警察官はパトカーに乗り、あたりを巡回して「道路の左側にできるだけ寄せてください。ハザードランプをつけてください。」と何度も呼びかけていました。

遊佐に行くまで、開いていたGSはこの他2店。いずれも車列が伸びており、大変な状況でした。

遊佐の分所では、1日みんなで受け入れ準備。冬期閉鎖中だった所を急遽開けるので、各部屋やトイレの掃除、非常口の除雪、ストーブの運び込みなどてんやわんやでした。

途中連絡が入り、分所よりも先に鶴岡の本所での受け入れが決定。某メーカーの福島県内の工場の従業員と家族が、鶴岡にも工場がある縁で鶴岡の本所にごそっと団体で入ることになりました。

一方遊佐町では、普段あまり使われていない公共施設にすでに何人かの被災者が入っており、そちらがいっぱいになったら分所にも来るらしいです。また、とびこみで被災者が来る可能性も。なので24時間営業の対応をとり、みんなで交替で泊まることに。さっそく昨日は上司が急遽泊まりとなりました。

はてさていつから被災者が来るのか?どれ位来るのか?いつまでいるのか?先が読めない状況です。

鉄を1枚紹介します。夜勤明けに、間に合うか?と思いながら温海の鈴跨線橋へ行きました。

狙うは2本。下り4061貨物と上りいなほ6号です。結果、間に合いました。ただ、いなほ6号はコンデジでうまく撮れなかったので4061貨物だけ紹介します。↓



このアングル、小学生時代に買ってもらった本「日本の鉄道」シリーズの「奥羽・羽越本線」で急行天の川(懐かし!)が写っていたアングルです。(本ではもっとアップでしたが。)
前来た時は2回とももっと左から、バックに海を入れて撮りましたが、このアングルもいいですねえ。(久しぶりの貨物色も嬉し!)
スポンサーサイト



テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

寝台特急「出羽」

Author:寝台特急「出羽」
出向は終了しましたが、ブログは継続です。
愛機はソニーα330
レンズはソニーDT18-55mm f3.5-5.6SAM
ミノルタAF75-300mm f4.5-5.6MACRO
タムロンSPAF10-24mm f3.5-4.5DiⅡ
ソニーDT35mm f1.8SAM
タムロンAF28-300mm f3.5-6.3XRDiMACRO

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそここへ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR