FC2ブログ

羽前大山~羽前水沢で

1週間も前の5月21日の話です。この日は仕事が休みのため、仕事で使う道具を買いに三川へ。その帰りに大山~水沢辺りをうろつきました。
 まずは大山~水沢間。↓水鏡になりませんでした。時刻表をみまちがえ、「きらきらうえつ」を撮り逃しました。(あわてたためデジ1のみに。)

mizusawakamotu.jpg
↓次に水沢駅へ移動。ここではR7との立体交差で撮ってみました。
mizusawakagakukamotu.jpg
 その後線路に沿って水沢~三瀬間をうろつき、線路脇の花を入れて撮影。↓「たちつぼすみれ」ですか?この後、さらに三瀬方向へ移動し、山あいに向かいました。この続きは次回へ。
taitubosumire.jpg
 昨日はついていませんでいた。「ワクドリ」がくるはずと思い、いつもより早く出勤。どこで撮ろうか、とさまよう内に、「今日は来ないのだろう」と決め付けていたら遊佐駅近くで並走。すぐに車を停めて写そうとしましたが、後の祭り。撮り逃がしました。天気がよかったので帰りに何か撮ろうと思いましたが、同僚の趣味につきあわされ、帰るのが遅くなり、辺りがまっくらで普通電車がよく写りませんでした。こんな日もあるか・・・。

スポンサーサイト



テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

吹浦 俯瞰?図

 いつも参考にしている方のブログで、吹浦の俯瞰?写真が出ていましたので、その辺りに行ってみました。
 場所は、吹浦小前の林道から入っていった所です。林道の奥に人の通った道ができており、そこを通って海の見える方向へ。途中低木や雑草が生えていたり、ティッシュが落ちていてウ〇コがあったりした道をかきわけて出た所で撮った写真がこれです。↓

kamaisoinaho.jpg
kamaisoinaho2.jpg
右に自分のいる尾根?が入ってしまいムムム・・・
 帰りにわかったのですが、別の方向にも道があり、そちらの方が行き易く(今回通った道のほうはももまで草丈があり、雨の日の翌日でズボンのももがびしょぬれに。)絵的にもよさそうでした。今度はそちらで挑戦してみます。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

霧雨に煙るいなほ

 仕事帰りに、「ロードオアシス北目」なるところで2007Mのいなほを待ちました。T18編成(国鉄色)がまたやってくることを期待して。
 でも、やってきたのは485系3000番台?のいつもの色の編成でした。
kirisameinaho.jpg
【撮影日 5月20日】

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

菜の花と鳥海山

 前回の月光川?鉄橋(遊佐駅近くの吹浦側の鉄橋)で写した場所の反対側(手前側)にも、菜の花が咲いていました。
 休耕田のようで、田んぼ1枚分が菜の花畑でした。バックに鳥海山が入り最高のロケーション。下の写真は曇り空ですが、晴れていればもっと最高!
 ちなみに畑の中には入っていませんよ。ぎりぎりまで迫っての1枚です。
 実は、立って写すと奥の田んぼが見えて菜の花の満開が一面!という感じがしないので、しゃがんで手前から奥まで菜の花で埋めています。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

月光川鉄橋と菜の花

 3月までは、6年間藤島勤務で毎日三川~藤島を通勤していたのですが、田んぼには稲が植えられていました。所々畑がありましたが、豆やいも類が多く、菜の花畑はほとんど見られませんでした。
 それが4月から遊佐勤務となり、酒田~遊佐を通勤したら、結構菜の花畑がありますねえ。ただ単に今までの通勤路に見られなかっただけなのか、はたまた農政が変わり、菜の花の栽培にもうけがあるようになったからかわかりませんが、花がたくさん見られるのはうれしいことです。
 前置きが長くなりましたが、鉄と絡めても菜の花はいい絵になりますね。ということで、月光川?の鉄橋付近に畑があり、菜の花がたくさん咲いていましたので帰りに撮りました。実は2~3日前にもデジ1で撮ったのですが、その時はもっと花があったのです。下の写真では、菜の花が中央付近で左右2つに分断される形になっていますが、2~3日前は1つのまとまりでした。人が入り込んで折れたようになっていましたので、畑の持ち主の方が歩いたのか・・・。まさかマナーの悪い撮り鉄の仕業ではないと思いますが・・・。
inahonanohana.jpg
【撮影日 5月19日 2007Mいなほ 遊佐~吹浦間】
futuunanohana.jpg
【撮影日等 上と同じ 555M普通】

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

何の花?

 この日は、相乗りで出張のため、学区にあるコンビニで待ち合わせです。
 コンビにまで歩いて行きましたが、途中近道するため松林の中を通りました。すると、たくさんの白い花が咲いていて思わずカメラで記録。
 何と言う名前の花でしょうね。

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

「いなほ」国鉄色をゲット

 特急「いなほ」に、最近?国鉄色の編成が走っている事をうわさでは聞いていました。しかし、今まで出会ったことがありませんでした。
 定期的に運用に入っているのではなく、時々しか走らないようだからです。
 この日は、仕事が吹浦駅近辺での作業でした。列車が通過する度に踏み切りの音が聞こえるので、その都度仕事をしながら何の列車か確認。
 すると、午後3時前に通過した「いなほ」が国鉄色ではありませんか。時刻表で確かめると、秋田行きの下りで、秋田から折り返してまたやって来ることが予想されました。
 仕事を定時過ぎに切り上げ、遊佐駅近く(下京田?)で待っていたら、やってきました国鉄色が。コンデジではいつもの通過写真ですが、デジ1ではしっかり6両編成をとらえることができました。お~お!懐かしの国鉄色。
 調べたところ、ヘッドライトが2つ付いていましたので北海道用を改造した車両のようです。

【撮影日 5月18日 2007M 遊佐~吹浦間】

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

吹浦港

 仕事場の近くにある吹浦港を絡めての撮影に挑戦です。
 羽越線では、港と絡めて撮影できる場所が少ないようで、今川?越後寒川?近くの漁港が有名ですが、それ以外には雑誌等に紹介されていません。
 そして撮ったのがこれです。職場がこちらに変わり、買ったばかりのデジ1で初めて撮った場所が吹浦駅前の歩道橋上からでした。その時から気になっていましたが、ここは柱が多すぎです。水銀灯・電柱・道路標識等・・・。
 シャッターチャンスは、先頭車両が黄色の矢印の道路標識を過ぎた辺りですね。いつものデジ1&コンデジの両刀使いですので、コンデジはご覧のように水銀灯とかぶってしまいました。
 また、この貨物は朝撮ったのですが、右上後方に朝日があり、前面には日が当たりますが側面は真っ黒になってしまいます。曇り空がベストかな?
 同じく右斜め上方には、鳥海山があるのですが完全に逆光となり、朝は入れられません。(晴れの時ですが。)

 そこで夕方にチャレンジしたのがこちら↓
tyoukaifukura.jpg
 お日様は海側にいき、順行となります。鳥海山と港、水面がセットになりグッド!波が穏やかだと、ご覧のように水鏡気味になってこれもよい。
 撮影場所は、旧R7(現在はR345の表示)の十六羅漢の手前付近からです。歩道があるので安心して撮影できました。羽越線の手前にR345が入り込むのですが、R7時代と違って交通量が少なく、運が悪くなければ列車と被る事はないでしょう。(でもまた柱が先頭車両にかぶってしまっていますねえ・・・)

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

あけぼのは今イチ

と言っても列車自体は悪くなく、私の写真のことです。仕事の日にも関わらず、天気がよかったためあけぼのを撮りに行きました。
 しかしコンデジはご覧の通り。またいつもの通過写真です。デジ1も並行して撮ったのですが、連写を過信し、手前から撮り始めた所、手前過ぎと通過後の写真に・・・。

 すぐ後にやってきた貨物2本は以下の通り。1枚はまあまあ。(でももう少し前がベスト。)もう1枚はお決まりの遅れ写真。
fukurakamotu.jpg
fukurakamotu2.jpg
 最後に普通列車を同じ辺りの反対側から。
 朝日が昇って間もなくの鳥海山と雲がナイス!?
tyoukaiasayake.jpg

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

大山いっきに

羽前大山駅~羽前水沢間での撮影いっきに7枚出し!
撮影日はたしか5月15日。この日は天気がよかったため、遠くに鳥海山を入れられました。ooyamayugata3.jpg
↑田んぼにも水が入りいい感じ。
ooyamayugata4.jpg
↑小さいですが列車が右にカーブしています。
ooyamahare1.jpg
↑こちらは反対側。こっちの方が鳥海山の前を列車がカーブしていていい感じ!
ooyamahare2.jpg
↑水鏡になっていないしコンデジなのでぶれています。
ooyamahare3.jpg
↑全くおもしろみのない駄作。
ooyamayugata.jpg
ooyamayugata2.jpg
↑うまく水鏡になった2枚。特に上の方はライトが夕時を感じさせてグッド!

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

大山駅近くで八重桜

鶴岡での仕事帰りに1枚。遠くに八重桜が見えましたので強引に入れてみました。

反対から来た

 翌日も鶴岡で仕事だったため、羽前大山駅近くの高架橋下で待ち伏せです。
 狙った相手は貨物の4060列車。酒田駅を7:32に出発(始発は札幌)するこの列車を藤島付近で3月まで毎日7:50頃に見ていたため、大山駅を8:07頃に通過すると考えてです。
 しかし、8:07頃になっても来る気配がありません。
 仕事に行く時間が迫る中、踏み切りの音が鳴り始めました。よしっ、来たと思いましたが、あれっ?鶴岡方の踏み切りでなく大山方の踏み切りから音が・・・。見ると大山駅の方から貨物列車がやってきました。
 あわてて写真を撮った後、考えました。鶴岡駅周辺は単線なのですよね。だからたぶん下りの貨物を先に鶴岡駅に入れるのではないかと。ということは、もう少し待てば、上りの4060貨物もやって来るのでしょうかねえ。hantaikarakita.jpg
hantaikarakita2.jpg
【撮影日 5月14日 たぶん2093貨物 羽前大山~鶴岡間】

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

大山駅近辺

 仕事が鶴岡であったため、仕事帰りに羽前大山駅近辺で撮影地を探索。そこで撮ったのがこれです↓ooyama1.jpg

【撮影日 5月13日 2014M 羽前大山~羽前水沢間】
 ご覧の通り、薄暗い、ぶれる、風景的にも中途半端、ですな。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

う~ん、スカートをはいたように・・・

 まずは先日の残りの写真から。遊佐の北目近く(下京田?)の水鏡写真です。せっかくのEF81貨物色ですが、コンデジではご覧の通り逃してしまい、デジ1も機関車の先頭が架線柱とかぶってしまいました。

 次は通勤途中での1枚。これも北目近くの鉄橋付近です。八重桜がかろうじて残り、川の土手には白い花が咲いていました。が、鉄橋が見事に列車の足元を隠してしまいました。スカートをはいていて、足元がちらりとだけ見えています。ちらリズムか?
suka-to.jpg

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

女鹿駅にて

 5月10日の続きです。
 あけぼのを撮った後、女鹿駅へ行ってみました。「秘境駅」写真集③にも出ていたこの駅。ホーム脇に山桜?が咲いておりそれを絡めてです。
 そして撮ったのがこれ↓(デジ1の控えのコンデジで撮っているので相変わらずの前撮り画像です。)
 その後、遊佐の下京田?踏切近くへ移動し撮影。
 鳥海山をバックに田んぼに写るところを狙って。ここでデジ1&コンデジでいくつか撮りましたが、現像した写真を見ると、この画像↓が1番よいできでした。(デジ1よりも。)
水郷

女鹿駅 あけぼの

5月10日(月)
 仕事が休み&天気がよさそうだったため、朝早くから撮り鉄スタート。4時に起きて、酒田駅5時着の寝台特急「あけぼの」を撮影することに。いつもお世話になっている(参考にしている)急行鳥海さんのブログ「50からの鉄 今日の鉄!」を基に、そろそろあけぼのが撮れそうとわかり行きました。
 できるだけ遅い時間の方がより日が昇りますので、遊佐~秋田間で撮影場所を思案。2日前に鳥海山と田んぼの夕景がきれいだった遊佐駅周辺を最初考えましたが、完全に逆光になると思いボツ。よって以前行った事のある上浜駅周辺に決め家を出発。
 家を出て、初めて気がついたことがあります。夕日が沈むのは何度も見ていたのですが、日が昇るのを見るのは今回が初めて。てっきり月山や立川方面から日が昇ると思いきや、鳥海山の右肩が明るくなっていました。母も夜勤明けで見た時にびっくりしたと言ってましたが、わたしもびっくり!鳥海山の方から日の出とは・・・
 ガソリンが少なかったため、秋田県側に行く事を断念し、女鹿でストップ。R7の高架線上から撮る事にしました。編成がカーブで曲がっており、バックに海も入るのですが、海と線路の間に集落と旧R7が入るのが今一ですが、移動する時間もなくここに決定。
 秋田側(山側)には歩道があるのですが、山形側(海側)には歩道がなく、道路上からの撮影です。一応路側帯が広めですが、大型トラックが脇をばんばん通って危ないです。当日は寒かった(道路標示は3度)こともあり、持っていた派手な色のカッパを着て、ドライバーに人がいることをアピールしました。
 そして撮ったのがこれ↓

デジ1ではしっかり撮れました。コンデジではご覧の通り通過中の写真。
見てのとおり、草の上や屋根の上には若干日が当たっていますが、機関車前面は暗く写っています。
もう少し日の出が早くなったら再チャレンジしたいと思います。(今度は別の場所で。)

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

菜の花が満開

 朝早く出て、通勤途中に撮りました。
 残念ながら7時台の上り貨物は間に合いませんでしたが、鈍行を撮れました。
 まずは本楯駅近くの踏切付近。わずかに菜の花があり、田んぼに水があって光具合も順光側から撮ったのですが、今いち。↓
本楯
【撮影日 5月8日 524M 本楯~南鳥海間】
 次の8時台の鈍行まで時間が多少ありましたので、撮影地を探しました。
 北目近く(高瀬近く?)の小さな鉄橋付近で撮影した時(八重桜が咲いてよかったのですが小雨が降る天気で光的にボツ。)に、山側の岡の上に鳥居が見え、その下に菜の花の黄色い列が少し見えていたので、今回その場所へ行ってみました。
 そこは休耕田に菜の花を人が植えたようで、田んぼ3枚分の菜の花が咲き乱れていました。電車が少し遠いのですが、風景派としては抜群のロケーションでした。そこで撮ったのがこれ↓
kitamekai.jpg
【撮影日 5月8日 535M 遊佐~吹浦間】
 ショベルカーがちとじゃまですが・・・
 いなほや貨物のもう少し長い編成も撮りたい所です。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

宮城遠征記 その3

 前回の場所で横向きにたくさん撮った後、違う構図がいいなあと思い、高架上のR346から縦の構図で撮ろうと上がりました。歩道があり安全、そして線路上の金網は所々穴が開いていていい場所でした。下り列車をねらい、普通列車は2本撮れたのですが、貨物はその時間上りのみ2本が来て撮り逃し。そのうちのED75も1本逃しました。(苦し紛れに高架上から機関車部分を撮影。)
 午後の1時過ぎに次のED75が来る予定だったので、愛宕~品井沼間の途中の踏切へ移動。移動中に別の踏み切りが鳴っており、EH500の単機が私の車を追い抜いていきました。
 品井沼駅近くの農村地帯でコンビニ弁当を食べ、近くの踏切を見ましたが葦が生い茂りよい場所ではありませんでしたので、「お立ち台」に載っていた踏切へ。
 練馬ナンバーの方がすでに陣取っていました。(奥さんと1歳くらいの子ども同伴で。後からわかったのですが、埼玉から来たのだとか。)踏み切りが鳴る度に、両人がカメラを構えるのですが、来るはずのED75が来ない。来る貨物はEH500。それも貨物時刻表の本数が来ない。やはり連休明けで荷物が少ないのですね。EH500の単機が1本また通過していきました。
Dscf6216_convert_20100507055218.jpg
↑【羽越線では見られなくなったタンク車が新鮮でした。】
 2時半までねばりましたが、陸羽東線を撮る予定がありましたので移動。「レイル・マガジン」に出ていた場所へ。ここかなと思って堤防に上がると信号が青に。まもなく近くの踏み切りが鳴ったのでカメラを構えると、なんと電化線の貨物をDE10が引いてやってきました。これは初めから狙っていた石巻港線への貨物だと思います。わざわざ小牛田で撮ろうかと思っていたのでここで撮れてラッキー!直後にきた普通もおさめ、一路鳴子へ。
Dscf6218_convert_20100507055509.jpg
↑【逆光気味なので暗く写っています。】
 古川市内で道路がわからなくなり(ナビをつけていないので)、尾花沢に向かう道路にのりかけましたが、R47に乗り鳴子へ。
 モーターマガジン社発行の「四季の鉄道撮影ガイド」には、「大深沢橋から鳴子峡と線路が見える。」とあり、よくわかりませんでしたが「鳴子峡レストハウス」付近へ車を停め、橋の上へ。
 するとやはりこの橋のようでした。しかし怖い怖い。絶景の大峡谷で、橋には歩道があるのですがそれでも怖い。何が怖いって、大型車が通るたびに橋全体が揺れるのです。ジェットコースターが好きな方はぜひ体験してください。私はやはり高所恐怖症?橋(歩道の)の手すりにつかまりながら、大型車が通るたびに腰が引き、「怖い怖い」を連発。怖いせいと列車の時刻確認のため1度車へ。すると間もなく来そうなので、意を決してまた橋の上へ。真ん中だと下が峡谷の最深部でとても耐えられず、少しずれました。木がカメラに写りこみますが、下の谷が盛り上がっており、トンネルの出口が見えているのでそこで妥協。「列車よ早く来てくれ!」と願っていたらすぐに現れ、撮影してすぐ橋から退散。その後レストハウスから峡谷を見ましたがそれほど怖くない。恐怖を味わうなら大深沢橋の真ん中へぜひ行ってください。
Dscf6220_convert_20100507055745.jpg
↑【すみません。写真が横になっています。首を横にして下さい(苦笑)。この橋の上から撮ったのです。高いでしょ!】
 唯一撮れたED75の写真が1番よい写真でした。(宮城遠征記はこれにて終了。文字色

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

宮城遠征記その2

 翌日、天童のホテルを7時過ぎに出発し、まずは奥羽本線を1発。ちょうどりんごや桃やさくらんぼの花が開花時期でそれを入れて撮りたかったからです。しかしここで時間をロスするわけにはいかない。何せメインは東北本線のED75でしたから。ホテルの近場で撮影。桃?の花のピンクがとても鮮やかで、桃?を入れて。しかし桃?の木がまばらで、もう少したくさんある場所で撮りたかったです。(こちらはデジ1のみで、ここに画像はなし。)
 山形北インターから高速に乗り、目指すは「お立ち台通信」に載っていた愛宕~品井沼へ。「三陸道の松島北インターから5分」と出ており、本当はお金を使いたくなく下道で行くことも考えたのですが、ED75を逃したくないし、一応連休の中日で車が混雑する事も予想されたので高速を使いました。調べると仙台北部道路から三陸道に行けそうです。
 ところがいざ走っていくと、「仙台南部道路から三陸道へ」との道路標示が出ていました。しかし無視して北部道路へ。そのまま走ると「北部道路から三陸道へは行けません。」という主旨の標示が。「石巻・松島方面は次の利府しらかし台ICで降りろ」とも出ていて同所で高速を降り、国道で目指しました。
最初に行った場所は、R346からすぐわき道に入った所で、たまたま見つけた場所です。「元禄潜穴穴尻」という旧蹟?がある場所で、R346の陸橋の下に車1台分の駐車スペースがありそこに車を停めました。

 この旧蹟、どうやら「用水」のようで、工事の可否について住民で意見が対立したが、大正天皇が汽車を1分同地で停めご覧になり、それから工事がスムーズに進んだ、との説明看板がありました。
撮ったのはその旧蹟辺りです。
Dscf6213_convert_20100507054629.jpg
 なぜここでかというと、葉桜になりつつも桜の花がまだ残っており、カーブで編成もきれいに撮れそうだったからです。私は、子どもの頃は編成写真や先頭車両だけでしたが、いまは風景も入れたいと思っているので桜を入れたかったのです。
Dscf6207_convert_20100507053854.jpg
 デジ1がメインなので、コンデジはどうしてもシャッターが遅れ、こんな写真に。(下のも貨物のお尻だし・・・。)
 撮り始めたら、線路の反対側からおばあさんが挨拶をしてきたので挨拶をし、「桜がたくさんあっていいですね。」と話したところ、「ここはよく電車を撮りにくる場所だ。なんだか貨物らしいけど。」「家の前にすいせんが咲いているけど、そこのおばあちゃんが植えてて、秋にはコスモスがたくさん咲いていい所だよ。」「この前もここで写真を撮った人が、わざわざ撮った写真を届けてくれたのよ。」との話を聞きました。(次号へ続く。)
Dscf6209_convert_20100507054052.jpg



テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

宮城遠征記

モンテのホーム大宮戦が5月5日にあり、当初から行く予定でした。家族を誘ったものの夜7時開始であり、翌日学校・幼稚園があるため断られ、私1人で行くことに。
ここでふと思いつきました。翌日も私は仕事が休みなため、試合終了後いつもは帰る所を天童に泊まり、撮り鉄に行こうと。
ED75が少なくなりつつある、とのことで仙台方面の東北本線へ行く事にしました。
夕方4時頃酒田をスタートし天童へ。途中、西線か奥羽本線で撮れればと思いました。
以前から目をつけていた狩川駅へ寄り道。ここは駅の側に桜の木があり、だし風と風車で有名な立川なので酒田よりだいぶ咲くのが遅れるはずと思って寄ってみたのですが、ソメイヨシノはすっかり終わっていて断念。
次は山形新幹線と絡めようと思い、時間的に合う大石田駅へ。駅周辺に桜の木がたくさんあり、葉桜になりつつもかろうじてセーフ。
駅側の駐車場で待っていると上りつばさが到着。さあ、と構えるもなかなか発車しない。すると下りつばさがやってきました。そう、単線なのでちょうど大石田で交換するところでした。2回撮るチャンスがありラッキーでした。(次号へ続く。)

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

これも鉄?!

今日も家族サービスDで、今日は土門拳記念館の「けんちゃんこども祭り」へ。
毎年5月4日に行われるこの催しでは、こども写真教室、風船プレゼント、読み聞かせ、昔の遊びコーナー、金魚すくい、抹茶野だてなど、子どもが楽しめるものがたくさんあります。さらにあるのが(今年だけ?前行った時にはなかったような・・・)このミニSL・ミニ新幹線の乗車コーナー。もちろんどのコーナーも無料で楽しめます。(写真教室は事前の申し込みが必要。)これも一応「鉄」ということで撮ってみました。機関車は2両あり、1両はこれ↓

遠くから撮り、おまけに先頭部分にこいのぼりが付けられていてはっきりしませんが、動輪から判断するとC形機関車ですね。もう1両がこれ↓
Dscf6200_convert_20100504224422.jpg
新幹線の500系ですね。後ろに2両の客車?を連結して走っていました。第3コーナー辺りで汽笛を毎回鳴らしていたのですが、最初金魚救いに並んでいてこの音だけが聞こえてきて、「何?この音。」と思ったら汽笛でした。本物とは違う音で・・・。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

お忍び遠征記(続編)

絶景での撮影に死を感じて断念した後、撮影地を探しながら帰りました。
まずは蓬莱山を過ぎて山形県側から挑戦。トンネルを抜けてすぐの脇川踏切で1枚。Dscf6136_convert_20100501022657.jpg
山形側は踏切の遮断機や葦が生い茂ってじゃまなため、蓬莱山をバックに撮影。踏切脇に盛り土がしてあり、そこで。しかし、午後は逆光気味でだめですね。DCが陰ってしまいました。また、撮影直前に土地の持ち主?の土建業者が来て砂利をトラックに積み始め、変な目で見られました。列車通過直後に「すみません。」を連発して退散しました。少し奥の橋の袂には「熊出没注意」の看板があり、やはり熊の危険が・・・。
次に「四季の鉄道撮影ガイド」に載っていた漁港へ。Dscf6145_convert_20100501075803.jpg
「国道の橋が漁港の入り口に架かっている。この橋の上から漁港と列車を撮影できる。」とありましたが・・・。歩道がなく車がバンバン通るそばでみなさん撮っているのですか?ヒエ~、絶景といい今回といい、すごいですね。車を停める場所もないようで断念。
そのまま北上し、R7へ合流。往きに目星をつけていた所で(エッソとJAのGSが近くにある辺りです)ストップ。Dscf6137_convert_20100501022954.jpg
後から気づいたのですが、過去に海線が走っていた所でした。(海沿いに架線柱が旧トンネルまで残っています。)Dscf6139_convert_20100501023300.jpg
海に岩があるのがいい所ですが、カーブの右側に墓地があるのがマイナスです。
その後は温海の暮坪地区へ。山の方へ登る小道が見え、戻ってみました。登りきると畑とダムがあり、畑の方から俯瞰撮影。海に突き出た岩山がいいのですが、線路との間にある集落がどう評価されるかですね。S字のR7も。Dscf6140_convert_20100501023640.jpg
その反対側には線路脇に菜の花が咲いており、DC2本と「きらきらうえつ」を撮影。DCの1本目はまだ明るくて大丈夫でしたが、俯瞰撮影後のDCと「きらきら~」は夕日がささず、現像してみたら薄暗くて菜の花のきれいさがわからなくなっていました。やはり光量がないとだめなことがわかりました。
Dscf6142_convert_20100501024257.jpg
最後に羽前水沢へ。水沢化学(線)が見たくて寄ったのですが、また構内信号が青に・・・。すぐ車にもどりカメラを取ってホームへ。「いなほ」がかっとばして通過していきました。(撮りましたがやはり光量不足。)その後夕日が差してきて光量が回復してきたため鈍行を待って撮影。水沢化学の工場前を通過する姿が新鮮で、いつか貨物の入れ替えをじっくり狙いに来たいと思いました。
長い1日のお忍び遠征でしたが、学んだ事が多かったです。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

撮り鉄ならぬ撮り船

この連休は、家族サービスのため撮り鉄ができません。
今日は「あかりん館」へ行った後、日和山下にある酒田港の公園?へ行きました。酒田港と言えば酒田港線ですが、貨物は黄金週間中休みなのか、DE10やコンテナを載せたコキは不在。フォークリフトも動いておらず、別棟もコンテナで外部から侵入できないように塞いだままでした。
さて、撮り鉄はできませんでしたが、弁当開きをしている時や子ども達が遊具で遊んでいる時に船が通りましたので撮りました。
まず初めに、巡視船「つるぎ」。ちょうど出航するところでした。酒田港線を撮りにいくといつも港に繋留されている姿は見ていましたが、動いている所は初めて見ました。やはり姿が護衛艦に似ていて格好いい!
縺、繧九℃_convert_20100502232104
次に「とびしま丸」。飛島から帰ってきたところでした。汽笛がいい音です。
縺ィ縺ウ縺励∪荳ク_convert_20100502232245
最後に屋形船。新井田川の山居倉庫前にいるところは見たことがありましたが、酒田港まで出てきて走っているところを見たのはこれが初めて。今日は連休で団体が入っていたのか、2艘出ており、交差シーンが撮れました。
螻句ス「闊ケ_convert_20100502232435
鉄道ではありませんでしたが、半日で3種類の船を見られて得した気分でした。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

あかりん館

今日は秋田の動物園に家族で行くつもりが、息子が喘息気味で微熱があったため、息子が行きたいと言った近場の「あかりん館」へ行きました。
この施設は、酒田共同火力発電所に併設されているもので、同施設の広報や実験コーナー・ゲームコーナーなどがあります。
Dscf6190_convert_20100502231903.jpg
実験コーナーは、山形市にある県の産業科学館や仁賀保市にあるフェライト科学館には及ばない規模ですが、発電と関係ある設備があり、自転車こぎで発電しテレビ内の発芽映像を木まで育てるもの、静電気の体験装置、背が大きくなる鏡、手でハンドルを回して風を起こし雪を吹き飛ばす装置などがあります。
Dscf6188_convert_20100502231710.jpg
また、ゲームコーナーには、ウィーやプレステがあり、ウィースポーツや野球ゲーム、レースゲームやブロック崩しのようなゲームが自由にできます。(あっ、入館の際に代表者の記名が必要ですが。)
息子・娘のねらいはこのゲーム。うちはDSをねだられても買い与えていないので、このゲームコーナー狙いでした。
また、プリクラがもらえるパズルゲームもお得。プリクラの写真を撮ったらそれが16分割のパズルになっており、移動させて正しい写真に時間内でできたらプリクラがもらえるというものです。(ただし、写真下部に「あかりん館」の文字が入りますが。)
近場で満足した子ども達でした。Dscf6187_convert_20100502231453.jpg

テーマ : とくとく生活情報
ジャンル : 趣味・実用

仮面ライダーダブルショー


この連休はほぼ家族サービスDです。今日はロックショッピングセンターへ息子を連れて仮面ライダーダブルショーを見に行きました。息子は大のヒーロー物ファンで、①ウルトラマン②仮面ライダー③レンジャーものが好きな順位だそうな。春休みには、東京ドームシティーへゴセイジャーを見に行きました。
会場は駐車場。以前にもここで仮面ライダーショーやゲキレンジャーの握手会に参加したことがありますが、そんなに混まなくていい。ブルーシートが敷いてありましたが、後ろのほうは開始10分前でも余裕で座れましたから。おまけにただ!最近の仮面ライダーは、コスチュームが光っていてかっこいい。同じようなライダーが何体も出てきてストーリーは難しいですが。

Dscf6176_convert_20100502001549.jpg
Dscf6171_convert_20100502001848.jpg
文字色

テーマ : 日記だよ
ジャンル : 趣味・実用

絶景は転落の危険あり

Dscf6144_convert_20100501075506.jpg
米坂線遠征記その②です。
レイルマガジンの「お立ち台通信vol5」に載っていた笹川流れの場所へ。現場付近を何度か行ったり来たりして、やっとそれらしき駐車帯へ。本文には「蓬莱山よりに線路を渡る小道があり」と書いていましたが、よく見てみるとその駐車帯の山形県側の草むらに、微妙に人の通った跡が。線路の向こうをみると、確かに草が人1人分踏み分けられています。右(新潟側)には鉄道の信号があって山形側を向いており、上りの列車が来るかどうかわかって山形側は見通しもよいのですが、新潟側は今から登る崖があり見通しが悪くて線路の横断には注意が必要でした。
線路を渡ってみるとうっそうとした山道で、斜面に道(というよりただ人が通った跡)があり、簡単にはいけそうにありません。雨もぽつぽつ降っていたので、これは山登りを覚悟しなければいけないと思い、車に戻って昨日買ったばかりのかっぱ(アウトドア用で上下で2万5千円!仕事で必要なのです。)を上下着込み、カメラバッグをたすきがけにし、水筒をポケットにつっこみ、軍手をして山登りの装備完了。
いざ山へ。何か熊が出そうで怖い!鈴はなし。本文には「10~15分で高台に上がれる」とありましたが、5分でいけるだろうと思っていました。ところが、そんな簡単な所ではなかった!「高台」なんてものではありません。本当に「崖」です。足跡を辿り斜面を登りますが、斜め斜めのスイッチバック状態で、周囲の木や大きな雑草をつかみながらでないと転げ落ちそう。靴はスニーカーだったのですが、すべってしまうため、本格的なトレッキングシューズが必要だと思いました。
Dscf6133_convert_20100501021649.jpg
Dscf6134_convert_20100501021951.jpg
やっとこさ「高台」(っていうか頂上)に上がると、確かに「お立ち台通信」側と蓬莱山側両方が見渡せる絶景です。しかし登りきった所からは、松の木や雑木の枝がじゃまになり、車両がしっかり撮れそうにありません。右にはさらに崖の先に進む道がありましたが、途中一人しか通れない幅で、左右は絶壁!の所があり、若干高い所が苦手で、さらに風も強かったため「君子危うきに近づかず」で下山を決めました。転落事故で新聞に出たくありませんからね。「天気のよい時には1日いても飽きない」とありましたが、怖くてそうは思えませんでした。風がなければもう少し違ったのでしょうか。かろうじて上から撮った1枚がこれ↓(蓬莱山側です。)
Dscf6135_convert_20100501022221.jpg
途中まで降り、違う方向から崖の左側に再アタック!これも転げ落ちそうで大変。至る所にバラ科の草があり、これも危険でした。なんとか登りましたが、やはり先ほど登りきった所と同じように雑木がじゃまでした。あきらめて下山。降りるのも一苦労。
この投稿者はどこで撮ったのでしょうか。登りきった向こうの斜面でしょうか。それともやはりR345につきだした崖先?う~ん、もういいって感じでしたが、でももう1度風のない日にチャレンジしようか・・・。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

あ~あ、勘違い

Dscf6132_convert_20100501021252.jpg
今日(正確にはもう昨日)、仕事が当初の予定から変わって振替休だったため、朝いつもの時間で出勤を装い、米坂線へ遠征しました。
なぜお忍びかと言うと、平日の休みだと、朝と昼過ぎに息子の幼稚園への送迎があり、それ以外にも未就学の娘の相手、午後からは小学校から長女が帰宅し3人の子どもの相手と、子育てに大忙しになるからです。(祖父母に任せて私が遊んでばかりはいられないので。)

今回、秋田方面へ行く事も考えましたが、臨時列車の情報(JRのHPから仕入れた)を見たらちょうど29・30日に米坂線で「レトロ花回廊」号が走るではありませんか。DE10+旧客を撮れると思い、お立ち台情報などに出ている羽越線の笹川流れも撮ろうと考えいざ出発!

米坂線の撮影地情報を調べ、小国から置賜方面は帰りがつらくなると思い、ぎりぎり間に合いそうな新潟側の越後大島に狙いを定めました。駅の傍に桜の木がある、というのもよいかなと。

7:30に家を出て、2時間ちょいで現地へ。越後大島は、村上から乗ったR290と、新発田から来る?R113がちょうど合流する地点でした。
駅に着いて車から降りると、年配の女性がやってきて、おまけに線路の信号が青に。「これは列車が来る」と思い時刻表を確かめると快速「べにばな」がもうすぐ来そうで、すぐにカメラをもって線路際へ。
雨がぽつぽつ降ってきましたが、傘を取りに行く暇はなくがまん。桜の木が米沢側に5・6本?あり、散り時でした。
下のコンデジでは写っていませんが、デジ1ではしっかり桜が散る所を撮れました。
「レトロ花回廊」まで40~50分あったので、隣りの越後下関辺りまで行き、撮影地を探して桜がバックに入れる所を見つけて越後大島へ。10分前に着き、いざ撮影体勢に。ところが・・・、時間になっても来ない。隣り駅に行っている間に擦れ違った?車に戻り、調べた時刻を見るとやはり間違いない。もしや・・・。そう、日付を確かめるとなんとそこには「5/29・30」の文字が・・・。とほほ、1ヶ月間違えました。てっきり桜の花に合わせてかと思ったのに。「べにばな」が撮れたからよかったものの、しっかり確かめるべきでした。この後も、波乱の1日に。それはまた次へ。
Dscf6131_convert_20100501020940.jpg

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

寝台特急「出羽」

Author:寝台特急「出羽」
出向は終了しましたが、ブログは継続です。
愛機はソニーα330
レンズはソニーDT18-55mm f3.5-5.6SAM
ミノルタAF75-300mm f4.5-5.6MACRO
タムロンSPAF10-24mm f3.5-4.5DiⅡ
ソニーDT35mm f1.8SAM
タムロンAF28-300mm f3.5-6.3XRDiMACRO

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそここへ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR